Skip to content

妊娠中の歯医者のかかり方

1 month ago

0 words

妊娠中に歯が痛くなっても、おなかの赤ちゃんに影響が出るのではないかと歯医者へ行くのを我慢してしまう人がいます。

しかし、妊娠しているからといって、一般的な治療ができないわけではありません。痛みを感じたら治療を受けることが大切です。

妊娠中に歯医者へ行くときは、妊娠何週目か、つわりがあるのか等を歯科医師に伝えましょう。
こうすることで、おなかの赤ちゃんへの影響がないように治療を行ってくれます。六本木の歯医者がおすすめです。

歯のレントゲンは、お口の中だけを撮影するので、おなかへは当たりませんが、気になるときは伝えましょう。

麻酔も、出産のときに使われるのと同じ物なので、母子に対して安全であることが分かっています。

虫歯や歯周病の治療は問題なく行うことができますが、妊娠初期でつわりがひどい時や、後期で大きくなったおなかが苦しい時は、痛みを止める応急処置がメインになります。

比較的安定している中期に治療を済ませておくようにしましょう。

妊娠中はつわりで歯が磨けなくなったり、ホルモンの関係で歯茎が腫れやすいなどのトラブルが起きやすい時期です。

特に問題がなくても一度は受診すると安心です。

お口の中のクリーニングをするだけでも、環境は大きく変わります。

妊娠中、歯医者でできない治療は親知らずの抜歯などの外科的な治療です。

治療後に薬を飲むような治療も避けられます。

母親のお口の中の菌は、子供にうつると言われます。
健康なお口でいることが、赤ちゃんへのプレゼントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *