Skip to content

顎関節症は歯科で診てもらえる

1 month ago

0 words

歯科では、顎関節症も診てもらうことができます。

ただし、一般歯科の場合には歯そのものの治療には長けていますが、顎のことまでは専門にしていないことも多いです。顎関節症の治療は、歯並びや歯そのもののトラブルが原因で起こることもありますが、整体など全身に関わってくる部分も多い疾患だからです。顎関節症の治療を得意としている歯科で診てもらうと良いでしょう。顎関節症は基本的に通院治療が受けられますが、重症の場合には入院治療が必要になるケースもあります。顎関節症の入院治療は、外科手術がメインになります。

術前、術後に全身の管理をする必要があるので入院が必要になります。外科的処置が必要なのは、顎関節の間にある関節円板が強いダメージを受けている、関節の骨が大きく変形している、口を開くことが困難で食事が摂れない、などの症状を伴う場合です。顎関節症は日常生活に支障をきたすことが多いので厄介です。
代官山の歯科はこちら。

手術方法は、関節鏡手術というのがあります。関節鏡という器具を使って、顎関節のなかを確認しながら手術を行う方法です。腹腔鏡手術の顎バージョンのようなものです。この方法で、顎関節の病変部を治療します。老廃物や体液が滞っている場合には、関節腔洗浄療法という方法で関節と関節の間にある関節包を洗浄します。老廃物がたまったままになると、関節が正常に動かなくなってしまう恐れがあるので、関節腔洗浄包を用いて洗浄することが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *